マントヴァ

マントヴァといえば、ご存知のはず、あの「空飛ぶマントヴァ人」といわれた、タッツィオヌボラーリの産まれた地だ。昨日はそのマントヴァに観光に行って来た。目的は2つある。一つはヌボラーリ博物館、もう一つは、ドゥカーレ宮殿の有名なマンテーニャが描いた天井の窓から覗かれているよいな不思議な絵を見ることだ。駅から歩いて15分ぐらいで、チェントロストリコに到着できる。エルベ広場、ドカーレ宮殿と続き内部は豪華絢爛だ。目的の一つであった、天井から覗かれている絵画は、入場制限されており残念ながら入れない、しかし他をみるだけで相当に価値はある。回廊全て天井から壁までフレスコ画で覆われている。当時のゴンザーガ家の代々の人物の肖像画が多数飾られているので、一見の価値がある。

 

 

次は、ヌボラーリ博物館に向かう。あるいて10分程だ。こちらは思ったよりとても小さい博物館だ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)