エルカン会長はドメニカリ氏をフェラーリに戻したい

エルカン会長の最新の発言によれば、ランボルギーニの現CEOであるステファノ・ドメニカリ氏はフェラーリCEOに適任の人物と発言している。


F1-Gate.com

エルカン会長は既に、ドメニカリ氏の引き戻し工作を始めているようであるが、問題は現時点でドメニカリ氏がライバルであるランボルギーニのCEOであることだと言う。また、現在のフェラーリCEOであるルイス・カミレッリ氏は、故マルキオンネ氏が亡くなる数日前に急遽一時的に抜擢された後継CEOでもある。ドメニカリ氏ならば現在のスクーデリア・フェラーリの評価を見直しが出来る最適任だとしている。カミレッリ氏はたった在任6か月だが、彼のポストをドメニカリ氏が獲ることになるという。


AUTOSPORT web

今年に入って急遽F1チーム責任者もマウリツィオ・アリーバベーネからマッティア・ビノットに代わっている。フェラーリとランボルギーニ周辺のTOP人事も現在かなり流動的だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です