ランボルギーニ:ランボルギーニCEOのステファーノ・ドメニカリが来季からF1のCEOに

ランボルギーニのCEOであるステファーノ・ドメニカリ氏が来年のF1シーズンからCEOに内定しました。ドメニカリ氏はかつて2008年から2014年までスクデリーア・フェラーリのマネジメントをしていました。

それ故にF1に精通している人材として起用されたましたが、この人事についてフェラーリも何らかの関与があるのかもしれません。
また、ランボルギーニのCEOについては、今のところ誰になるかは、定かになっていません。おりしもブガッティがEVメーカーのリマックに売却することを検討していることもあり、ヨーロッパにおけるF1も巻き込んだメーカー再編成と人事異動の波があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください