ランボルギーニ:ランボルギーニ博物館がリニューアル

サンタアガタ・ボロネーゼのランボルギーニ工場に併設されている博物館がリニューアルした。博物館の名前も変わり「イル・ムデテック:Il Mudetec」になった。(博物館と技術の単語を組み合わせてテクノロジー博物館という)コンセプトは、もっと身近にイタリアのテクノロジーを知ってもらう機会を提供するという。

最も重要な一つとして、博物館リニューアルの再開にあたって「1963年以来の未来の形作り」、ランボルギーニ車の変遷と本当の技術革新が語られ、その最も象徴的なモデルを見る事ができる。ランボルギーニ初のスポーツカー350GTの60年代から始まり、70年代にはミウラ(当時の世界最速)、未来的なデザインのカウンタック、80年代のオフロードモデルLM002、伝説的なディアブロ、セストエレメント、トロフェオまでの20台が展示されている。

ウラカン・ペルフォマンテ、エボ、アヴェンタドールSVJ、ウルスの最新モデルも見れることができ、最も重要なコンセプトハイブリッド・アステリオンのランボルギーニ社による技術的な取り組みも知ることが出来る。
また、ブレインルームでは、ランボルギーニの歴史を映像で回想することが出来る。予約の上、工場内をシミュレーションによって見学をヴァーチャルに体験できる。こちらは、4月16日から10月31日まで、9:30~18:00まで。この機会にリニューアルしたランボルギーニの博物館に是非行ってみましょう。

昨年訪問した時のランボルギーニ博物館

昨年訪問した時のランボルギーニ博物館

昨年訪問した時のランボルギーニ博物館

ボローニャ空港からタクシーで行ける距離です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です