コンコルソ・デレガンツァ 京都2019で受賞車(ランボルギーニ)

もう既に1週間前ですが、コンコルソ・デレガンツァ京都で受賞したモデルです。
コンコルソ京都のベストオブショウはランボルギーニ『3500GTZ』でした。世界に2台(現在・赤と白)しかないザガートがカスタマイズした3500GTZです。


ランボルギーニ『3500GTZ』
2006年ペブルビーチで受賞した時の模様です。
こちらの3500GTZは、右ハンドルです。

3500GTZとベースとなったモデルは350GTだ。この写真は、昨年サンタアガタ・ボロネーゼに行った時に尋ねたフェルッチォ・ランボルギーニ博物館にある350GTだ。

1963~70年のランボルギーニ賞はミウラSVに。

1971~85年の ランボルギーニ」賞と「最も乗りたい車」はカウンタックLP400に。

筆者個人的には、このエスパーダが一番気に入ったのである。

こちらは昨年サンタアガタ・ボロネーゼに行った時に尋ねたフェルッチォ・ランボルギーニ博物館にあるエスパーダだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です