ランボルギーニ:後継車は1000馬力のV12ハイブリッドエンジンを誇る

次期アヴェンタドールは、カーボンモノコックフレームとDTCを採用するという。

コンコルソ京都にアヴェンタドールSVJ

ランボルギーニでは、現行アヴェンタドールSを代えるための、時間を費やしたくないようで、既に次期後継車の準備に取り掛かっているようであるという。V型12気筒エンジンはプラグイン・ハイブリッドであるが、3ユニットの電気モーターを組み合わせ、1000馬力を達するという。アヴェンタドールは2011年に発表され8年半を経過したスーパーカーの中ではひとつの伝説である。2016年には、更に洗練されてパワフルなアヴェンタドールSは、後輪ステアなど革新的なメカニズムの導入に成功している。また、SVJの登場によって、一連のサンタアガタのスーパースポーツは、パフォーマンスとスポーツ性において、ほぼ頂点に到達したと思われる。しかしながらSVJもライバルと比べて、経年により優位性を保てないが、アヴェンタドールだけが与えられたエキゾチックな魅力は捨て去ることは無くアップデートはされているものの、アヴェンタドールのプロジェクトの基本は10年以上も前のものであり、時間の経過と共に技術の限界は隠すことができない。1〜2年後に、確実に後継車は圧倒するパフォーマンスで登場するに違いないと言う。

Generated by pixel @ 2019-04-05T09:08:00.709654

このV型12気筒自然吸気エンジンは、熱狂的な支持者もありプラグインハイブリッドによるサポートが組み合わされたとしても、官能的なエンジンになると保証されるのは確実だという。研究・開発部門取締役のマウリッツィオ・レッジャーニ氏もアヴェンタドールの後継車はV型12気筒によるプラグインハイブリッドは、ランボルギーニのDNAを具現化を提供できるという。また排ガス規制ユーロ7にも 対応する触媒フィルターも取り付けるという。ここ1~2年後で出てくるであろうアヴェンタドールの後継車に注目していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です