マセラティとアルファロメオは別れる

Investireoggiのニュースに掲載されている。2つのメーカーは、将来的にキャラクターの違いから、戦略は異なるものとなる。近年、マセラティとアルファロメオは経営統合されていた。それはCEOも両社はある一定期間において同じ人物であったことで証明されている。しかし最近になってFCAグループのマイク・マンリー氏は、2つのメーカーを統合することは、重大な間違いであったことを認めている。このことについて実際、マセラティにとって、 アルファロメオとの連合は 長い間に渡って独自な優位性を一部失う結果となり、販売面での危機的状況となったと言っている。

マイク・マンリー氏は、マセラティCEOにハロルド・ウェスター氏を任命し、来年ジュネーヴショーでデビュウするアルフィエーリから始まる「6か月毎のニューモデルをデビュウさせる」、という非常に難しい使命を彼に託すことを決めたのである。FCAは2つの違う戦略を用いて、2つのメーカーを分けることを決めた。つまり、マセラティはより優位な独自的な路線、アルファロメオは、国民的人気を反映して販売向上に向けて、市場拡大の方向を探るのである。

2つのメーカーは、互いの領域に足を踏み入れない、同じセグメントで競合させない、異なるセグメントでそれぞれ事業展開することになる。この意味は、マセラティはプレミアム市場への展開、同時にアルファロメオはBクラスとCクラスのSUVとコンパクトセダンを持って、セグメントの隙間の確保することになる。それ故に現時点で、アルファロメオのトップモデルやより大きなSUVの発売に関する進捗状況の話題は取沙汰されていない。

マセラティとアルファロメオは別れる」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください