マセラティ:モーターヴァレーフェスティバル2019

5月16日(木)~19日(日)にモデナで初めて開催されるモーターショー、エミリア・ロマーニャ州のテッレ・デイ・モトーリとは、このあたりがクルマとバイクなどの自動車産業が発展した地域としての名前で、ここの地域で初めて開催されるモーターショーを「モーターヴァレーフェスティバル2019」という。

地元マセラティ社も参加するが、マセラティが何処で・何時、イベントに参加するかの全詳細の参加内容が掲載されている。筆者は残念ながら参加できないが、GWも終わりヨーロッパへのチケットは安くなっている。時間がある方は是非訪ねて頂きたい。きっとスーパーカーの真髄が味わえるに違いない。

マセラティはこのプレミアムカテゴリークラスと優雅さとスピードに対する情熱と愛をいつも融合させている。この領域の神話を祝いたいとしている。それは魅力的な物語として、マセラティブランドの構築に貢献した経験や人々、場所についてを世界中にメイドインイタリーの自動車について、象徴的な存在であることを発するのである。

昨年訪ねたルチアーノ・パヴァロッティ劇場
劇郷前に立つ記念碑

マセラティは9月16日(木)9:30~、モデナ市街地にあるルチアーノ・パヴァロッティ劇場で、「未来のクルマ」という題名でセミナーを開催する。

マセラティのその他の参加について、3つのテーマエリアに分けられます。

モデナ歴史地区での展示活動
5月16日(木)~19日(日)、ローマ広場での展示会では、マセラティ初のSUVであるレヴァンテ、スポーティセダンのギブリ、フラッグシップモデルであるクアトロポルテを鑑賞することが出来る。ローマ広場は、筆者が滞在していた時も時折、自動車イベントを始めいろいろな催しものが開催していた場所である。近くには、老舗モデナ料理店やジェラッテリアなどもある。

オープンラボ
モデナ大学・レッジョエミリア大学との共同による技術革新
5月16日(木)~17日(金)15の大学、スタートアップ企業30社、モーターヴァレーの重要企業が参加するオープンイノベーション活動、創造的なワークショップ、新たな才能の向上と革新的な仕事の可能性を提示する。


http://www.autodromodimodena.it/

サーキットイベント
5月18日(土)~19日(日)マセラティ車によるテストドライブが楽しめる。サーッキトとオフロード。

ショールームと工場 5月16日(木)〜19日(日)まで、ショールーム内外と工場が一般公開される予定です。そこには、歴史的に重要なマセラティ車が展示されてます。テーマは「マセラティ:勝利の世紀」。マセラティをより深く理解するための興味深いプログラムが用意されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です