ランボルギーニ:猛牛DNAのデザイン

GIORNALE DI SICILIA

「私にとってだけのこのクルマであって欲しかった。いつも夢だった、夢は残っていなければならない」フェルッチォ・ランボルギーニが讃えていたフレーズの一つです。ランボルギーニの父の夢が今でも続いています。そしてサンタアガタ・ボロネーゼのスタイルセンターを毎日活力を与えています。創造するハートは、未来のクルマをイメージさせるところです。

「我々の目的はこのドリームと次世代を引き寄せ続けることです。」と ミィティア・ボルケルト氏 は説明する。自動車人間工学とデザインは言わば、実際には、ランボルギーニ工場内で開設されたばかりの、テクノ博物館であるムデテックに向けて、労働者の教育を考慮する一つであると。「デザイナーにとって、ここに居ることはドリームである。」と ボルケルト氏 は言う。「何故なら、スタイルは実際には、我々のDNAが記されたものだ。」 ボルケルト氏 は「完璧に近いクルマ」1966年にミウラをデザインした偉大なイタリアのデザイナーの一人であるマルチェッロ・ガンディーニのようなマエストロの跡をたどり、マルツァル・エスパーダ・伝説の1971年のプロトタイプのLP500カウンタックと続く。クルマ「フォルムを追う機能」というコンセプトが良い例だとドイツ人デザイナーの ミィティア・ボルケルト氏 は説明する。

2001年のムルシエラゴ、その10年後のアヴェンタドールは新世代スポーツカーとして世に出た。さらに、スタイルセンターではプレステージ性が高く、ボデイラインもますます極端なモデル、フェルッチォ誕生100周年限定モデル「チェンテナリオ」を2016年のジュネーヴショーで発表した。

創造することから全ての未来を見ているスーパーカーコンセプトであるテルツォ・ミレンニオまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください