マセラティ:上昇志向が必要・下がりはしない

Formulapassione itによれば、マセラティCEOのハラルド・ウエスタ―氏は、故セルジオ・マルキオンネ氏によって築いた土台を根本的に覆すことになるという。
それはマセラティはプレミアムブランドとして占有しなけらばならず、アルファロメオと一緒にされたイメージや同等のポジションから、はっきりと切り離されなけらばならないという事だ。

ウエスタ―氏曰く、「これ以上、下方修正はしたくない・・。我々はもっと上のカテゴリーを目指したいのだ。」とはっきり明言している。
言い換えれば、コンパクトSUV ついてはとるに足らないことで何も無いことで、ギブリとレヴァンテはエントリーモデルとして存在するという事である。むしろ目標は常に上を目指さなけらばならないことになる。

去年の6月1日に発表された故マルキオンネ氏による事業計画では、レヴァンテより更に小さなSUVの計画を案内したが、ウエスタ―氏によって逆に、アルファロメオと比べて明確に、高みを極めなければならないとなり、価値が高い占有の支配を最大限に目的とすることになるという。

2018年は36,500台が販売されたが、2014年に定められた年間75,000台の殆ど半分にしか達しなかった結果である。トライデントの将来に向けて、復活せねばならず戦略は、故マルキオンネ氏が選択した道に比べて方向転換の決定である。

このマセラティの状況は、非常に微妙でその間に、フェラーリのエンジン供給は無くなり、ますますハイブリッドやEVエンジン化による未来の自動車の決定的な段階の中、衰退が見られる。
もし、順調にいけば、マセラティの次のニュースは、アルフィエーリのデビュウです。続いて、レヴァンテとギブリの一新になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください