ランボルギーニ:EVはもう結構

今や、スポーツカーとスーパースポーツにも巻き込まれ始めているEV化の波。
しかし、ランボルギーニは、クルマの本質を捻じ曲げることなく、メーカーの基本理念として、本当に必須なことについて正しく責任をもつ。

「我々は既に、コンセプト・テルツォ・ミレンニオにおいて、電化についての条件の中で、何が可能かを示した。しかし、我々のモビリティに関する概念は、電化ではない。我々は情熱とスポーツと独創性のある 高級ブランドである。 」
と 欧州・中東・アフリカ(EMEA)責任者の アンドレア・バルディ氏は断言している。 FormulaPassion.it

ハイパーカーの領域でさえ、今やEV化は拡大しているのは明らか。リマックC_TWOの性能は注目されるが、内燃機関のエンジンと同等の信頼性には追い付けない。内燃機関のエンジンへの関心は消滅することは難しく、ガソリン燃焼によるピストン動作による伝統的なエンジン音と振動により溢れるコックピットに浸かることが自動車愛好家にとって、機械力学の一片の違いを良く知っている。

ランボルギーニは、SF90ストラダーレのハイブリッドをデビュウさせたばかりのフェラーリのように、競争戦略による心配はしていない。ランボルギーニの戦略は、トレンドにあわせてランナップを適正化することはしない。しかし独創性の維持、つまり今日では高級ブランドであることが重要な基本である。
「我々の思想は、顧客の維持とより大きな達成です。それは女性市場やライフスタイルのようなもです。しかしながら、常に感動と独創性に焦点を当てているのである。我々は個々の顧客に非常に限られた製造品として絶対的な唯一の何かを提供しなければならない。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください