フィアット:2020年は電気革命の年となる

フィアットから、2つの完全なEVカーが来年明らかになります。

2020年はフィアットにとってとても重要な年となるだろう。イタリアでの主要な自動車メーカーフィアットは、2つの新しい完全なEVカーの年として市場に導入する意向です。500 elettrica は来年からミラフィオーリ工場で生産され、2020年の3月のジュネーヴショーで公開されることになる。また、新しいデュカート electri も来年度中に初の商用車としての全面EV化となる。

フィアットにとって、2020年は根本的に、2つの新しEVカーを全世界に発表する。

2020年は、ハイブリッドシステムとマイクロハイブリッドを新しいGSEエンジンに組み合わせることも記しておきます。パンダ、ティーポ、500、500L、500Xがその範疇です。

最後に、ミラフィオーリ工場では数日以内に、新しい 500 elettrica を生産するに新しいプラットフォームを明らかにされます。そして、FCAグループの他の車種にも流用されることになります。

つまり、来年はフィアットにとって根本的な年となるのは確実です。それは新しい技術による有用性と、とりわけ全世界における輸送部門の革命的に運命づけられたEV推進装置を通して、見直しへの試みでもあるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください