トリノは、来年パルコ・ヴァレンティーノのイベントはしないのか?

新聞「ラ・スタンパ」での話題では、トリノ行政の1部のエコロジストから、イベントに反対する発議が話されているという。

今年第5回目を迎えるサローネ・パルコ・ヴァレンティーノは、ニューモデル、ラリーカー、F1、そしてスーパーカーショーの展示会を組み合わせ、オープンエリアのカステッロ・デル・ヴァレンティーノの中庭とヴィアーレ・ヴァレンティーノで(ここでは1950年代初頭にフォーミュラ1レースも行われている)、 一般に認められた自動車の世界的なイベント展示会です。

しかし、市議会で、「物流上および行政上の問題」のため、このイベントについて開催都市を変えるよう申請している。州知事はイベント開催をミラノかモンツァに移転させるような文句に対して、開催する都市を変えないと約束している。

ラ・スタンパによれば、これらのもともとの不平は、政党五つ星運動の9名の市会議員によって市長に進言しているという。パルコデルヴァレンティーノで開催される全てイベントを遠ざけようとするものだ。何十万人もの観客が訪れるイベントに環境問題の側面から意見でもある。これからの推移を見守っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください