アルファロメオ:ジュリア・クアドリフォリオはMcChip-Dkrによって、フェラーリ488GTBよりパワフルです。

ドイツのMcChip-Dkrが開発したカスタマイズキットで、ステージ3ヴァージョンは680馬力と850nmのトルクを出します。Quattroruote

ステージ3の価格は15、589€(約192万円)ですが、必要に応じてステージ1または2を選択できます。ステージ3は、スーパーカーの領域にイタリアのセダンを持って行けることが可能です。

ノーマルのジュリアQV(510馬力)にターボチャージャーのモディファイとECUチューニングによって、プラス170馬力を追加して、680馬力を発揮できる。フェラーリ488GTBよりプラス10馬力、トルクも90nm も上回る。ノーマルのジュリアQVに比べて、最高速は6km/hも速く、313km/hまで達する。

1ランク下のステージ2は、最高出力610馬力、最大トルク800nmを発揮、さらにベーシックのステージ1は、最高出力580馬力、最大トルク750nmを発揮します。どのバージョンもリミッター解除とエンジンテスト、ECU動作確認などが含まれます。ステージ2の価格は、7、229€(約89万円)、ステージ1は1、999€(約 25万円)となっている。またこの車はカーボンファイバーのさまざまなパーツを提供し、積極的に維持されたスピードでダウンフォースを管理するアクティブエアロスプリッターシステムも装備している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください