アルファロメオ:33ストラダーレは技術的な傑作です。

18台だけの33ストラダーレ
伝説的なエンジニア、 ジュゼッペ・ブッソ
現在では3億円になる

伝説の33ストラダーレ、コンコルソ・デレガンツァやクラシックミーティンで開催されるが、毎回の如くファンの心を蘇らせます。News F1 it

18台だけの33ストラダーレ
あなたたちが、次のフレーズを聞いたことがあるか判らないが、「人々は今の気持ちが癒されない時、ノスタルジックになります。」これらのシンプルな言葉は、「ビンテージ」や「ヤングタイマー」のクルマに向けて、現在の関心を全て取り戻すことが可能と思います。この話題を取り上げることは言うまでもなく、とりわけ私の好みのアルファは、33ストラダーレなのです。60年代末に18台だけ作られたクーペで、個人的には審美的観点から機械的であり、本当に独特の傑作であると考察します。このクルマは、フェラーリ250GTOやランボルギーニ・ミウラと同等に絶対的な傑作とたとえられているが、当時のアルファはオーソドックスな技術で表した。

伝説的なエンジニア、 ジュゼッペ・ブッソ
エンジンは技術的な本当の宝石である。 2000cc、自然吸気のⅤ型8気筒エンジン。 計画のアイデアと実現化には伝説的なエンジニアである ジュゼッペ・ブッソの 監督の下で設計された。常に世界につながる名前アルファは8800 rpmで230 馬力の美しさを実現するアルミニウムとマグネシウムで造られた!今でも、2.0L自然吸気エンジンはかつて作られたエンジンでも最もパワフルなエンジンの1つでもある。

現在では3億円になる
このクルマが発表された時を特に考えるならば、今でも信じられないほどの数字を出している。この馬力とたった700kgの羽のようなくらい軽い重さで、それは信じられないほどの性能を持っていたのだ。0-100 km / hはたった5.6秒でカバーされ、最高速は260km/hであった。当時の自動車市場ではライバル会社よりもさらに高価なモデルであった。33ストラダーレは900万リラ以上であった。フェラーリでさえ約600万リラであった。(900万リラは、現在の日本円の価値からすると3億円ぐらい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください