アルファロメオ:ES30誕生30年

1989年に誕生したSZ(ES30)、かつてのFR時代の最後のモデルとして生まれた。
イル・モストロ
アルファ75ベース
ザガートの刻印

イル・モストロ
アルファロメオES30(イル・モストロ)、いわゆるSZの誕生30周年記念の今、アルフィスティにとっていくつかの興奮をもたらしています。SZは力のこもったプロジェクトの1つでもあり、1989年に生まれた「古典的アルファ」の性格を表し、マーケットおいては難解なストーリーを書いた。

アルファ75ベース
ある面では当時の最も突出的な技術のモデルであったが、一方の面からみれば過去の技術の焼き直しに過ぎなかった。それはアルファ75のプラットフォームを使用され、発売された時代遅れの後輪駆動の名残であった。

ザガートの刻印
20世紀の最後の後輪駆動アルファは相当に目立ちます。6気筒エンジンは多少ヘビーでもあります。ザガートのサインが刻印されたデザインは濃い味わいと、辛めの味付けです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください