マセラティ:グランツーリスモMCは未だに買うに値するスポーツカーです

もし、あなたが優れたパフォーマンスとテクノロジー満載の現代的で豪華なグランツーリスモを所有したいのであれば、それはマセラティ・グランツーリスモMCが考えられる最後のモデルです。
エンジョイドライブ
最後の自然吸気エンジン
0〜100km/hは4、6秒、最高速度は301km/hです。
公道を走るワンメイクレースカー

https://indianautosblog.com/maserati-granturismo-mc-stradale-centennial-edition-bologna-motor-show-live-p251650

エンジョイドライブ
しかしながら、あなたが途方もない金額を支払うことなく快適で、少し騒々しい排気音と運転して楽しい車を探しているならば、グランツーリスモMCは、もし完璧なコンディションの中古車があれば、それは特に買いを推奨します。
たとえば、有名なユーチューバーのDoug DeMuroは、走行距離が少ないグランツーリスモMCモデルを購入することを勧めている。

最後の自然吸気エンジン
とりわけ、ビデオで紹介されているMCは460馬力と最大トルクの520 nmを発生する4.7リットルの自然吸気V型8気筒エンジンを搭載した3年経過したグランツーリスモMCです。高性能ではないにしても、今日のスポーツカーと比較しても、未だにとても速いのである。但し、排気エクゾーストから発せられるかなり煩い排気音を覗いての話です。

0〜100km/hは4、6秒、最高速度は301km/hです。
Doug DeMuroは、グランツーリスモMCを市場でも最も満足感を与えるモデルの1つであると推薦している。例えそれがメルセデスAMG-GTのレベルでなくても、優れた加速、優れたハンドリングおよび他の興味深いキャラクターを特徴としている。
グランツーリスモMCは0~100km/hは4.6秒、最高速は301kmに達します。2010年のボローニャモーターショーで最初にお披露目され、マセラティMC GT4の公道バージョンとして承認されたモデルです。

公道を走るワンメイクレースカー
ボディにはオリジナルのグランツーリスモからかなりモディファイされて、新たなアップデートされたフロントスプリッター、バンパー、ボンネット、サイドフェンダー、サイドスカート、エキゾースト、リアバンパーが装備された。オプション装備品の中には、4点式安全ベルトと組み合わせたロールバーを装備できる。グランツーリスモ Sと比較すると、この車の重量は110 kgも軽い。(合計1670 kg)。オートとスポーツモードを備え、ブレンボ製のカーボンセラミックブレーキとピレッリによって特別に開発されたタイヤ、レーシングシートはカーボンファイバー製である。さらに様々な装備を備えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください