マセラティ:2023年までに新たに10モデルの事業計画

FCAグループCEOのマイク・マンリー氏はマセラティの見直しの事業計画に関する重要な最新情報をリリースしている。

それによると、2023年までに10の新しいモデル(EVカーも含め)が発表されることになる。。。

事業計画によると下記のように予定していることになる。
2020年 ①レヴァンテのマイナーチェンジ
      ②ギブリのマイナーチェンジ
      ③クアトロポルテのマイナーチェンジ
      ④アルフィエーリのクーペ
2021年 ⑤コンパクトSUV
      ⑥アルフィエーリのカブリオ
      ⑦グランツーリスモのフルモデルチェンジ
2022年 ⑧グランカブリオのフルモデルチェンジ
      ⑨クアトロポルテのフルモデルチェンジ
2023年 ⑩レヴァンテのフルモデルチェンジ

この中にはギブリのフルモデルチェンジが無いのがお判りでしょうか・・。
おそらく、コンパクトSUVがギブリに代わるものとなり、もしかしたら2022年ぐらいで販売終了と考えます。
但し。。。あくまで計画予定であるので、過度な期待はしない方が良いかもしれない。イタリアは多かれ少なかれ、常に土壇場でのサプライズは付き物です。

マセラティ:2023年までに新たに10モデルの事業計画」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください