アルファロメオ:次期ジュリエッタはどうなる

次期ジュリエッタのデビュウはますます難しいと、Investireoggiでは記事を掲載している。
現時点では、歴史的なミラノのブランドのラインナップに新しいジュリエッタのデビュウによるラインナップの充実の可能性は、非常に少ないようだと論じている。

以前から話題とされてきた、新しいジュリエッタの登場の可能性について、新世代の到来の噂が広がっている。しかし、次期ジュリエッタについて、昨年6月にFCAグループから発表された最新の事業計画には、このモデルのフルモデルチェンジのプランは無い。

数年来、再設計について話されたジュリエッタであるが、2023年から始まるとされる将来の事業計画にジュリエッタの新世代を見つけることを多くのアルフィスティは願っている。

実際には市場は、他の方向へ向かっているようである。多くの自動車メーカーのケースは、コンパクトセダンタイプの乗用車は断念し、そして好まれるのはクロスオーバーかSUVであると考えている。これが今やすべての運命であり、アルファロメオでさえこの新しい哲学を受け入れるべきだと考えられている。
来年登場するであろうトナーレがジュリエッタに代わるものかもしれないと、筆者は踏んでいる。引き続きアルファロメオをフォローしていきます。

実際には、こんなイメージ画も登場している。ドアミラーやホイールアーチ、リアバンパーとマフラー周りなど、かなり市販車に近いイメージである。

y

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください