ランチア:2022年に復活する新しいモデルがある

この記事で紹介する話題の趣旨は、このように言えるのである。
老舗のランチア社で何かが動いているようだ。 
将来、危機的な状況からより甘美になるかもしれない。。それは売上増加と唯一残っているイプシロンにより第二世代のお蔭でもある。

ウェッブサイトからの情報では、2022年までに3つの新しいニュースがランチアからあるかもしれないという。ランチアについて思いがけない何かがある。
国際的な自動車販売でのこの瞬間から抜け出すためのトランプのエースとなる可能性があるという。。残念ながら、ランチアは少なくとも4〜5年間は輸出されていない・・。

イプシロンは年内に、軽いマイナーチェンジを予定している。スタイリングに大幅な変更はないが、室内装備は新しい技術の導入があるかもしれない。
イプシロン2020年モデルは、1.2リットルのファイアーエンジンと別れを告げ、待望の1.0リットルで72馬力の自然吸気3気筒エンジンに代わる。5速マニュアルシフトが採用される予定だ。このエンジンの特徴は従来の1.2リットルモデルに比べ30kgも軽く、低燃費と高性能を保証している。最高速は168km/h、燃費は10%改善されているという。この1.0リットルファイヤーフライエンジンは、12Vの補助モーターを搭載したヴァージョンもある。このマイルドハイブリッドヴァージョンは燃費を更に10%向上させることが出来るという。

イプシロンのマイナーチェンジは11月29日の創立113年記念日に発表される可能性があるという。

さらに2021年末までに、新しいイプシロンのデビュウが予定されている。
新しいプラットフォームをベースに、全長は現行モデルより長く3m80cmを超えることになる。バッゲージルームはスーツケースを収めるスペースを増やし、 さらに、エレファンティーノ・ロッソと名付けられた高性能ヴァージョンは100〜105馬力のモデルも登場する可能性があるという。このバージョンは、マイクロハイブリッド技術と組み合わせることもできる1.0リットルファイヤーフライターボを採用することになる。

これははまだ確かではないが、2022年になるが未発表のクロスオーバーの生産の可能性もある。B-SUVとして、B-Wideの新しいプラットフォームを利用して全長410~415cmぐらいで、前輪駆動となりエンジンは80~120馬力を想定される。このモデルのベース価格は2万€(約246万円)とされる。ランチアの売上増加をもたらすことになるかもしれない。
復活に向けて2022~2027の五か年計画があるという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください