マセラティ:5000GTがモントレーのオークションに

競売が近づいています。数日のうちに、60年代の素晴らしい5000GTが可能性のある購入者の間でオークションにかけられます。カロッツェリア・ミケロッティによって製作された1964年製の5000GTは、8月中旬にモントレーでRMサザビーズによってオークションにかけられます。

これは、ブリッグス・カニンガムが所有していたシャーシナンバーAM103016モデルであり、魅力的で独創的なクラシックビンテージで個人コレクションを充実させたい人にとって素晴らしい機会です。

このモデルは、非常に有名なクライアントの名前が並んでいる。ブリックス・カニンガム、ペルシャ皇帝、ジャンニ・アニエッリ、アガ・カーンカリム、フェルディナンド・イノセンティ、アドルフォ・ロペス・マテオスなどだ。32台だけしか製造されなかった。 非常に選択的な価格だけでなく、この場合はかなり高い個人的な好みの感覚によっても選択されたモデルでもある。

5000GTは1959年から1965年まで製造された。1957年のスポーツシーズンの終わりにレースカーの排気量を3,000cc以下に制限した結果、1955年のルマンの悲劇があった以降、世界スポーツカー選手権の安全が高まった。

5000ccスポーツカークラスの突然の廃止により、マセラティ・レパルトコルセ(マセラティレーシング部門)は、2〜3ヶ月の間に450S用のいくつかのエンジンを5000GTにコンバージョンして、さらに完全な進化をした。

モデナではそれらを「失う」ことのないように、すでに採用されているエンジンの「リサイクル」を目的として3500GTから派生したモデルである5000GTをペルシャの皇帝に提案する。5リットルV8のレースカーのストラダーレは、顧客からは熱​​意をもってこのアイデアを歓迎さている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください