フィアット500ジャルディニエラについては(2)

かねてからデビュウが予想されている500ジャルディニエラは、現行の500Lの後継モデルとしての位置付けになるようだ。

ベースの500は引き続きAセグメントにおいて販売される。またSUV500Xについては販売成績も良く成功を収めていことを見ると、2021年にはモデルチェンジが予想されています。
そして500 ジャルディニエラ は、現行の500Lから世代交代して登場が予想されています。

現行の500LはセルビアにあるFCA工場で生産されているが、 500ジャルディニエラ もそこで生産されることになります。エンジンはEVバージョンが搭載されると見られ、2021年には発表されなけらばならないとしています。
詳細については数カ月後にFCAよりアナウンスされるとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください