マセラティ:新しいコンパクトSUVで販売を2倍にする

新しいコンパクトSUVは、2021年にデビュウする予定であるが、マセラティでは、販売台数を今の2倍にする目標があります。このモデルはセグメントDのカテゴリーに属しますが、現在のところ正式名称はまだついていません。そしてアルファロメオ・ステルビオと車体寸法が、似ていることは既に知られています。Notizie Ora

マセラティの新コンパクトSUVがアルファロメオ・ステルビオとプラットファームや大部分のメカニズムが共有されるのは、偶然ではありません。それは 新コンパクトSUV の生産拠点が、FCAグループのカッシーノ工場で製造される予定だからです。

マセラティ・コンパクトSUVはレヴァンテのスタイルキャラクターから近いこともあって、「レヴァンティーノ」と呼ばれています。正式名称ではありません。このコンパクトSUVにマセラティは倍増する意図を持っています。そして潜在的な顧客の拡大を狙っています。実際には、アルファロメオ・ステルビオより高価であり、ステルビオとの価格の差別化がされています。

ハイブリッドヴァージョンもラインナップされ、2021年末から2022年の初頭には市場にデビュウする予定です。
このコンパクトSUVの詳細については、来年にも明らかにされるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください