マセラティ:危機的な成績

最新の公開された販売実績によれば、かなり厳しい状況です。しかしその中で、レヴァンテは健闘しています。
NotizieOra

今年8月末までに、トータルで2304台の販売で、昨年の同月期に比べて25%減少しています。
ギブリは、1286台で昨年の同月期に比べて28%の減少。クアトロポルテは、211台で、36%も減少しました。
グランツーリスモは、164台で、34.4%減少、グランカブリオは、136台で、34.9%の減少でした。

しかし、来年にはギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテの3台は、マイナーチェンジが予定され、この状況は変わる可能性があるとされています。
また来年には、モデナ製のスーパースポーツカーとそのEVヴァージョンや、DセグメントSUVとしてアルファロメオのステルビオと同じプラットフォームで作られる、通称レヴァンティーナの発表が控えています。
長期的に見て、年間販売目標は10万台だそうです。

この数字は筆者もそうですが(誰でも同じ)、絶対無理と見てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください