トリノでスカリエッティ展が開催

トリノの国立自動車博物館では、セルジオ・スカリエッティを称賛する展覧会が、10月31日から、来年1月19日まで開催されます。
セルジオ・スカリエッティ(2011年11月20日没)は1920年1月9日にモデナで生まれて、来年2020年1月9日に丁度100周年を迎え、彼の偉業を称える展覧会です。

セルジオは、 天才的な職人として青年の頃から、生涯を自動車のコーチビルダーとして捧げました。

エンツォ・フェラーリは自らまだ若かったセルジオをスカウトして、フェラーリから出されるいくつかの主要作品を彼に託しました。それが、250テスタロッサ、250GTカルフォルニア、250GTO、750、860モンツァでした。

612スカリエッティはまさに彼のために命名されたフェラーリです。
また、彼の作った最高の傑作のモデルといくつかのハンドメイドによる金属フレームのボデイも展示されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください