マセラティ:グランツーリスモ・ゼダとミッドシップスポーツ

終わりは新たな始まりでもあります。。。と言う言葉があります。
マセラティは、ついに時代の転換期に突入しています。

終わりは、グランツーリスモ・ゼダです。これがグランツーリスモの最後です。
Zèdaとはモデナ地方で使われる言葉で”Z”を意味します。
Zèdaは最後に作られたモデナ製のグランツーリスモで、世界に1台しかありません。

EV化されたスーパースポーツは果たして、このような快音なのでしょうか?
ティーザーの音声が早くも期待をそそられます。

来月12月1日は、公式なマセラティ社の創立記念日ですから。今年で丁度105回目を迎えます。この日にサプライズがあることを期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください