ランチア:B-SUVが数年後にデビュウするか

情報によるとランチアブランドに数年後にB-SUVのデビュウする可能性があり、ランチアの車種が増えるかもしれないとされています。

ランチアブランドは今後数年で遂に新しいモデルをラインナップすることができるようになるようです。
イプシロンのシティカーのますます可能性の高いリスタイリングに加えて、一部の情報によると、B-SUVもデビュウする可能性もあるようです。
これはフィアットクライスラーとPSAの統合により、可能性が高くなり、おそらく年内に正式に統合について発表されると思われますが、ランチアブランドは再び新生グループの車種の主役になるなるかもしれません。

FCAとPSAの統合に伴いプラットフォームの共有化は多岐に渡ります。もちろんランチアの新しい車種として。B-Suvは今後数年間のうちにランチアのラインナップを充実したものするかもしれません。新しいランチアの新しいB-SUVに関連するものは、今のところ単純な情報だけですが、このモデルに関するより正確なニュースが来年中にそれがあったとしても、不思議ではありません。しかし、シティカーのイプシロンは、イタリアの国外、おそらくフランスのPSAの工場のいずれかで生産が行われる可能性があることを排除することはできません。

エンジンに関しては、ラインナップに少なくとも1つのハイブリッドバージョンがある可能性があります。 完全なEVバージョンの存在に関しては、それについて話すのは少し早いかもしれません。故セルジオ・マルキオンネ氏により、放置されたブランドは、復活の兆しを見せています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください