マセラティ:アルフィエーリのエンジンはマラネッロ製ではない(その3)

新しいスーパースポーツは開発が進んでいるようです。
現在生産が終了したグランツーリスモ・グランカブリオの自然吸気V型8気筒エンジンは既に作られることはありません。また、現行ギブリ・クアトロポルテ・レヴァンテに搭載されているV型8気筒とV型6気筒のターボエンジンはマラネッロで生産されています。しかしこの2つのエンジンも今開発が進んでいる V型6気筒 エンジンに順次切り替える計画のようです。

さてその新しいスーパースポーツのエンジンですが、ほぼ間違いなく現行のV6フェラーリエンジンよりも 斬新で新しい設計構想が加味され、より開放的なV型6気筒エンジンとなるようで、バンク角度はマセラティ伝統の90°とされます。新しいエンジンの排気量は3,000 CCで、出力は約600 Hpで、トップバージョンの最高出力は700 Hpを超える性能を発揮します。現在テスト段階では、走行距離を重ねたデータは、この分野の専門家に高く評価されているマセラティイノベーションラボで、ドライビングシミュレーターに集積されています。最終的なボディとメカニクスのマッチングを実現します。

この新世代V6エンジンは、低燃費を実現させる観点から新しい規制に適合するために生まれ、FCAとPSAの統合によってグループが将来生産する、他の多くのモデルにも使用されるベースエンジンになるとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください