復活するのかデトマソ・ブランド(2)

突如出現したデトマソ・P72ですが、その後開発の計画は予定通りに進んでいるようです。

エンジンはアメリカ製フォードV8エンジンで排気量は5.0Lです。ヨーロッパでの販売に向けて、ショールームのあるオランダのユトレヒトで、販売・メンテナンスを行う予定です。
P72はデトマソ・シェルビー70の源流の精神とデザインに敬意を表すだけではなく、 アメリカの魂も分かち合っています。

エンジンはラシュエンジニアリング社との 技術協力により、V8エンジンは700馬力以上を発揮します。トランスミッションは、6速のマニュアルのみとされています。
手作りのカーボンファイバーフレームで、ユニークなデザインを備えたP72はクラシックにインスパイアされたデザインで、ハイパーモダンテクノロジーの絶妙の組み合わされたモデルです。また、レトロ調のインテリアは、60~70年代のプロトタイプを彷彿させます。

わずか72台しか生産されませんこのP72の価格は、750,000€(約9千万円)です。2020年の年末には最初のP72が到着するはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください