ランチア:DSのお蔭で復活できるのか?

今まで、ランチアはもやはこれまでか??と絶望的な状況でありました。

Nuova Lancia Ypsilon Monogram

しかし、ここへ来て状況は変わってきています。唯一生き残っている現行イプシロンは成功しているモデルです。2019年の今年は6万台の販売を記録しています。そのニーズは2011年にデビュウしたロングセラーモデルとして、イタリアで、女性層に支持が多いからです。

そしてもう一つの理由が、イプシロンのBセグメントに対するフィアット・プントやアルファロメオ・ミトが居なくなったために、道は開かれたのです。
また、FCAとPSAの正式な統合が実現しましたが、CEOのカルロス・タバレス氏は、ランチアブランドについて、過去の歴史と伝統を消滅させないと発言しています。

アライアンスによるシナジー効果は、DSブランドのDS7クロスバックに注目されています。DS7によって、新たなランチアの誕生の可能性も秘めています。テーマ、テージス、リブラ、カッパのようなプレミアムカーの復活が望まれます。

イプシロンもDS3クロスバックとの相乗効果が期待されています。2020年の前半には、ランチアブランドの方向性が見えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください