フィアット500・パンダ・イプシロンはマイルドハイブリッドのトリオになる

フィアットとして初のハイブリッド車は500です。

12ボルトの電動補助モーターがエンジンの駆動をサポートするシステムです。このエンジンで小さな町で毎日使用するならば、リッター当たり25.6Km走れます。エンジンは1.0Lのファイヤーフライ3気筒エンジンです。それ故に、ディーゼルエンジンは今後廃止になります。

FCAとPSAの新グループは、コンパクトシティカーに採用するために、次期パンダと次期イプシロンにも搭載する予定です。この革新的なハイブリッド車にするために、500Xやティーポに搭載する場合は、48ボルトのヴァージョンにする可能性もあります。しかしその場合は、2021年にデビュウとなります。

それまでの間、500eはトリノ・ミラフィオーリ工場でフル稼働生産となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください