ランチア:イプシロン・ハイブリッドは春以降に登場か

フィアット・500とパンダは、正式にハイブリッドバージョンが公開されましたが、少し遅れてランチア・イプシロンも同じ3気筒1.0Lのファイヤーフライエンジンが登場するようです。こちらのシステムも同じで12Vの補助電動モーターがアシストします。6速マニュアルが装備される予定です。

同時にスタイルとインテリアもマイナー変更されます。フロント周りは、LEDデイタイムライトが追加され、バンパーやフロントグリルもリニューアルされます。外装カラーも新しいカラーが追加される模様です。インテリアは、シートに新素材が採用され、Uコネクトマルチメディアシステムが装備されます。

続いて、秋以降か来年2021年には期待のB-SUVがランチア2番目のモデルとして登場する予定です。こちらは詳細は未だ明らかにされていません。 このモデルがどこで生産されるかはまだ明らかではありません。FCAとPSAの合併により、フランスPSAのCMPプラットフォームを使用する可能性が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください