フィアット:500とパンダ・ハイブリッドが遂に出ました

ついに公開されました。FCAグループのフィアットは500とパンダにハイブリッドヴァージョンを販売すると発表しました。

500とパンダのハイブリッドヴァージョンのエンジンは3気筒1.0Lのファイヤーフライと呼ばれるエンジンで、これに12Vの電動モーターがサポートすることにより、馬力は70馬力に達します。

フィアットの歴史にとって新しいステージを迎え、100%電化に向けての始まりであるとコメントしています。

燃料消費量とCO2排出量は30%低減されたことになります。500とパンダハイブリッドは、ユーロ6Dファイナルという厳しい排ガス規制をクリアしています。

さらに、地方都市の交通規制においては、都市中心部への車によるアクセスの自由や駐車料金の削減、低減税率の適用などの便宜があります。 購入条件を満たせば特別なプロモーション価格として破格の10,900€(約133万円)からです。

イタリアでの受注開始は1月10日からです。

ハイブリッドモデルには真ん中に水滴とイニシャル「H」型のデザインが目印です。「ハイブリッド」の文字がテールゲートに配置されます。

フィアット:500とパンダ・ハイブリッドが遂に出ました」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください