マセラティ:最も美しく、速く、高価なマセラティ・トップ10(1)

トライデントの傑作、最近のオークション、そして億万長者の合計

マセラティは、最も輝かしく賞賛されるイタリアの自動車ブランドの中で名誉ある地位を占めています。ボローニャで生まれ、モデナに移り、忘れられない歴史的なと記憶に留められたグランツーリスモがあります。

トライデントブランドの長い歴史の中で、1920年代から様々なの傑作モデルがありますが、最も格式高いオークションの主役になったのは戦後モデルです。時に貴重なフェラーリやアルファロメオも追いやってしまうほどです。

最近のオークションに出展されたトップ10マセラティ。
すべての人気を博すマセラティの最高を見ることが出来ます。素晴らしい発見と歴史あるマセラティ。

5000GTクーペ・インディアナポリス(1961年製)34台が生産されました。
2016年にアメリカで150万€(約1億8、150万円)で販売されました。1961年のトリノショーで発表されています。ボディワークはカロッツェリア・アレマーノでした。エンジンはV型8気筒、排気量5.0L、340馬力を発揮しました。

マセラティ・ティーポ61バードケージ。
バードケージ61はマセラティのレーシングスポーツ史において伝説的なモデルです。2013年に180万€(約2億1800万円)販売されたのは、スターリング・モスとダン・ガーニーによって1960年のニュルブルクリンク1000 kmで優勝したカモラディチームの白いティーポ61です。2.9Lの4気筒エンジンは250馬力を発します。22台生産されたうちの1台で、重量はわずか600 kgでしたが、時速280kmを超えました。 ルマンでも走った真の伝説のレーシングカーです。

レーシングスポーツの傑作は1957年製250Sです。235馬力、2.5Lの4気筒エンジンを備えた唯一の200Sよりパワーアップされていました。これにより、ジム・ホール(チャパラル出身)とキャロル・シェルビーはアメリカでSCCAなどのスポーツカーレースシーンで活躍しました。2013年に250万€(約3億250万円)のオークション販売を獲得しました。

貴重で高価なマセラティのロードカーですが、実際にはワンオフモデルです。 1957年製マセラティ150GTスパイダーは、ファントッツィのボディワークですが、ベースはA6GCSのシャシーとエンジンメカニズムを採用しています。2013年に270万€(約3億2、670万円)の値がつけられました。 エンジンは190馬力2.0Lの4気筒です。

2004年、ほぼ50年を経て登場したMC12は、フェラーリ・エンツォと姉妹車でした。2016年のデュエミッラルオーテのオークションで、300万€(約3億6、300万円)という記録的な値段となりました。走行距離6,000 km未満。6.0Lの V12気筒は630馬力のエンジンです。6速ギアボックストランスミッションは330 km / hを超える速度が可能です。50台製造されたうちの1台です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください