マセラティ:最も美しく、速く、高価なマセラティ・トップ10(2)

マセラティ・ブーメラン(1072年製)、このモデルはプロトタイプで市販車ではありませんが、ランクインしました。2015年に330万€(約3億9、930万円)の値がつけられました。1971年のトリノサロン、1972年のジュネーブショウで公開されています。ジョルジェット・ジュージャロによってデザイン設計され、公道も走ることが出来ます。またマセラティ・ボーラのスタイルを先行したモデルとされました。エンジンは4.7ⅬのV8エンジンで、ミッドシップに搭載されました。息をのむようなスタイルは、自動車デザインのマイルストーンでした。

マセラティ・A6G/2000ザガート(1956年製)。
2018年のモントレーのオークションで、400万€(約4億8、400万円)の値がつけられました。カロッツェリア・ザガートによるボディワークは、たった20台しか生産されませんでした。レストアに2年間を費やし、完璧なオリジナルコンディションに仕上げてあります。

3位にランクインしたのは、250Fです。ファンジオはこの年4度優勝してドライバーズタイトルを獲得しています。
オークションに出品された250Fは、シャーシナンバー2525で、1956年にスターリング・モスによって、イタリアGPを制しています。2014年のオークションで410万€(約4億9、610万円)のプライスタグがつけられました。エンジンはマセラティ伝統の直列6気筒エンジンで、2.5Lの排気量から、270馬力の出力がありました。

ランキング2位は、A6GCA/53スパイダーです。
カロッツェリア・フルアによって製作された3台のうちの1台で、2018年に グッディング・ペブルビーチ・オークション で、460万€(約5億5、660万円)で落札されました。直列6気筒エンジンで2.0Lから170馬力を発揮しました。

トップに輝いたのは300Sです。
2013年にオークションで付けられた価格は、470万€(約5億6、870万円)です。この価格は今のところ、マセラティ車の中でも最も高い価格となりました。この300Sの最初のオーナーは、アメリカのブリッグス・スウィフト・カニンガムで、この300Sを駆って ビル・スピアとシャーウッド・ ジョンストンによって、1955年のセブリング12時間レースで3位にフィニッシュしました。 ファントゥッツィによる熟練した手作業で作成された長いフロントフードの下にはあるエンジンは、260馬力、および290 km / h の3.0L直列6気筒でした。

現行のマセラティモデルが束になっても適わない価格です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください