アルファロメオ:新コンパクトSUVトナーレの生産は2021年の後半から

FCAグループのヨーロッパ・中東・アフリカ担当のCOOピエトロ・ゴルリエル氏は、アルファロメオ・トナーレをナポリ近郊のポミリアーノダルコ工場で2021年の後半から生産開始するとアナウンスしました。当初より少し遅れることになります。

ポミリアーノダルコ工場 は、かつて多くのアルファロメオのモデルを生産しました。アルファスッド、155、145、146、156、147、GT、159などの歴代アルファロメオを組み立てた工場です。

かつて、この工場では品質に難点があり、ボディに錆びが発生しやすく工場の評価を落としました。しかし、現在はその問題は無いと思われます。

筆者もかつてGTを毎日の足で使用していましたが、ボディ周りに限っては問題ありませんでした。

アルファロメオ:新コンパクトSUVトナーレの生産は2021年の後半から」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください