アルファロメオ:帰ってきたジュリアGTA

土壇場でキャンセルになったジュネーブモーターショーの影響で、予定されていたアルファロメオGTAの実車デビュウはかないませんでしたが、アルファロメオはインターネット上に、GTAを公開しました。

ここのところアルファロメオは2つのクーペモデル(6CとGTV)をお蔵入りにしたりあまり良いニュースはありませんでしたが、やっと出てきましたスポーツカーはクーペではありませんが、本来のアルファロメオらしいモデルが登場しました。筆者はアルファロメオはSUVなどでお茶を濁してならないと思います。多分メーカー自身もそう思っているはずです。

ボディサイドに、クアドリフォリオヴェルディとアウトデルタのシンボル

既に様々サイトにGTA仕様については、掲載されていますので省略しますがGTAmも登場したことは、アルファロメオが110周年を記念する本気度の表れと感じます。

GTAmはフォルムは4ドアセダンですが、2シーターです。つまり後席はありません。代わりにあるのは、フロントバケットシートを6点シートベルトで繋ぐアンカーとボディ剛性を高めるロールバーが設置されています。ドアパネルは外され軽量化されています。サーキット走行に合わせたスポーツカーとなりますが、一般公道も走行が出来るモデルです。

さらにアルパインスターズ製のレーシングウェア、GTA専用カラーのヘルメット、グッドウールのボディカバーが付属されます。販売台数はGTAとGTAm併せて500台の限定です。注文から納車まで顧客別に、アルファロメオのメーカーからの製造スペシャリストによる完全フォロー体制が敷かれます。注文は既に始まっていますので、真のアルフィスティの方は、今からすぐにアルファロメオ・ジャパンに問合せしてください。

価格は、GTAは約10万€(約1、210万円)、GTAmは約12万€(約1、452万円)とされています。  

アルファロメオ:帰ってきたジュリアGTA」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください