マセラティ:これがギブリ・ハイブリッドか(2)

北京モーターショウでデビュウの予定だったマセラティ初のハイブリッドモデルのギブリ・ハイブリッドについて、いつにデビュウさせるか検討しているようです。

ギブリは、2013年にデビュウ、2017年にリスタイリングされました。今回は多くの新たなテクノロジーとハイブリッドシステムの導入とフェイスリフトを実施します。

エクステリアでは、ヘッドライトにフルマトリックスLEDシステムのオプションがあります。インテリアは、ディスプレイが10インチとなりインフォメーションシステムに infotainment Uconnect 5 のヴァージョンがインストールされています。ほぼドイツ車と対等になります。

アルファロメオ・ジュリア・ステルヴィオに採用されれている自動運転支援システムレベル2も、ギブリ・ハイブリッドモデルに採用されます。
エンジンは、4気筒2.0Lのターボエンジンで、ジュリア・ステルヴィオに採用されているエンジンに電動モーターによるサポートで、330馬力を得ることが出来ます。また、V6、3.0Lエンジンに、プラグインハイブリッドシステムもあるかもしれません。

デビュウはそれほど遅くない時期ですが、コロナウイルスの感染拡大がある程度終息が見えた時期かもしれません。リニューアルされるギブリは、マセラティ史上初のハイブリッドカーでもあり、マセラティラインナップのエントリーモデルとなります。
それ故に、引き続きフォローして行きます。

マセラティ:これがギブリ・ハイブリッドか(2)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください