ランボルギーニ:シアーレ・エンジニアリング社に肺シュミレーター装置でサポート

ついにランボルギーニは医療機器メーカー・シアーレエンジニアリングをサポートすることになりました。ランボルギーニは、既にマスクと感染防止用のフェイスシールドの生産を始めていました。

シアーレエンジニアリングはイタリア・ボローニャにあり、サンタアガタボロネーゼのランボルギーニ本社とは距離にして約20キロ、クルマで20分で行けるところにあります。

肺シュミレーターとは、ベンチレーターの完成前のテストを迅速に行える装置です。ベンチレーターの動作確認が円滑に実施できることにより、大量生産が行えることになります。
コロナウイルスとの戦いは未だ続きますが、ランボルギーニは、コロナウイルスの終息に向けて、アヴェンタドール、ウラカン、ウルスの製造よりも最優先と考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください