フェラーリ:コロナウイルスとの戦い

フェラーリは工場の再稼働に向けて様々な取り組みを始めています。

ベンチレーター本体の周辺機器の製造に貢献をしています。いわゆるYピースの製造を始めました。Yピースは逆流防止弁付きの吸気と呼気を分けるとても重要な部品です。
まるでフェラーリエンジンのインテークマニホールドヘッドのようです。

フェラーリは第二フェーズへの次の取り組みとして工場の再稼働に向けて、従業員とその家族や関連サプライヤーの従業員へ、血液検査によるスクリーニングを実施します。

第三フェーズは、スマートフォンを使った感染追跡アプリ(事前に陽性感染者との濃厚接触を知らせるアプリ)を採用し、従業員のスマートフォンを有効活用する取り組みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください