マセラティ:新世代グランツーリスモの提案

マセラティ・グランツーリスモの後継は、このようになると、あるデザイン案が公開されています。

このレンダリング案は、デザイナーのセルゲイ・ボルニッキによって提案されました。

このグランツーリスモの名前は、マセラティ・ジェネシと命名されました。
Genesi(ジェネシ)とは、発生、創始、起源という意味です。

セルゲイ・ボルニッキ は、グランツーリスモの定義として、ロングノーズでかつ小さなキャビンを典型的なマセラティ・グランツーリスモであるとデザインしました。エンジンは完全な電気エンジンで、イメージカラーはEVのブルーです。

ドライビングは、完全な自動運転が可能です。必要な時はマニュアル運転に切り替えられます。

次期マセラティ・グランツーリスモは、100%のマセラティ初の完全EVモデルになると明言しています。2021年にプレゼンテーションする予定です。

マセラティ:新世代グランツーリスモの提案」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください