マセラティ:これがギブリ・ハイブリッドか(3)

アイキャッチ画像のトライデントのロゴにあるブルーのラインは、ハイブリッドモデルの証です。

デビュウまじかのギブリハイブリッドモデルですが、さらなる情報があります。
7月15日デビュウです。

ハイブリッドモデルには、2つのバリエーションが存在するようです。一つはマイルドハイブリッドです。もう一つはプラグインタイプのギブリです。

エンジン本体は、4気筒ターボエンジンがベースで、これにマイルドハイブリッド(常時オルタネータがエンジンをサポートするタイプ)とプラグインハイブリッド(電池が積載されコンセントで充電するタイプで、何キロか電気のみで自立走行可能のタイプ)の2タイプがあります。燃費はおそらくプラグインモデルの方が低燃費あると思われます。

その後に、V6エンジンベースのマイルドハイブリッドがデビュウしますが、今後V6エンジン(ハイオク仕様)は全てこのタイプになるかもしれません。但し、V6ターボディーゼルエンジンは、まだ残ります。

これは、クアトロポルテとレヴァンテも続けてハイブリッド化される予定です。
それ故に、日本でも2021年モデルは、ギブリ、クアトロポルテとレヴァンテにハイブリッドモデルが揃うことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください