マセラティ:新型スーパースポーツカーMC20の詳細はどうなるのか(5)

その後のMC20のニュースが滞っていますが、近況が発見されました。

ここのところ、ギブリ・ハイブリッドやギブリ・トロフェオ、クアトロポルテ・トロフェオに話題が注がれて、すっかりご無沙汰になってしまった感があるMC20です。

しかしながら、デビュウの日である9月9日、10日に向けて着々と最終完成の確認テストがされているようです。このスパイフォトの背景を見ると撮影された場所は、筆者も見覚えがある建物があるところを見ると、モデナのチーロメノッティ工場の周辺の道路に間違いないようです。

これらのスパイフォトから見るとミッドシップレイアウトであることが判ります。リアウィンドウには、後方視界を確保するカメラらしきものが搭載されていることが判ります。マフラーはセンター寄りに高い位置にレイアウトされた2本出しのようです。カモフラージュされたMC20プロトタイプのフロントボンネットとリアバンパーには、赤と緑と白のイタリア国旗のカラーが 配されています。テールランプはテーピングよって隠されていますが、ギブリ・ハイブリッドやギブリ・トロフェオのテールランプのような3200GTブーメランタイプとなる雰囲気ですね。

リアクオータ―ウィンドウの直下には、大きなエアダクトがありますので、ミッドにあるネットゥーノV6エンジンを冷却効果を高められます。フロントボンネットにも2つのエアダクトがありますが、おそらくエアロダイナミクス効果を高める効果があると思われます。さらにフロントフェンダー後方にも、ブレーキ冷却効果用のエアダクトも設けられています。
デビュウまであと1カ月をきったMC20は、マセラティにとって今年最大のイベントです。乞うご期待のMC20のデビュウはもう直ぐです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください