フェラーリ:フィオラノでV6エンジンのハイブリッドを開発か

このプロトタイプは、フィオラノサーキットで目撃されていますが、ボディは488GTBのようなフォルムにカモフラージュされています。

しかしこのプロトタイプは、ミッドシップでありながら、明らかに現行のF8トリブートとはサウンドが異なります。

さらにボディサイドにある黄色い三角形は高電圧シールです。このエンジンは2.9Lか3.0Lとなりフェラーリとしては、最小の排気量モデルとなります。このモデルが噂のディノと呼ばれるV6ユニットを搭載したモデルかは、今のところ定かではありません。

このエンジンのベースは今のところ詳細は不明ですが、何らかの関係があるところとすれば、アルファロメオ・ジュリアGTAのV6ターボ(540馬力)を更にパワーアップした700馬力相当の出力があるエンジンかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください