マセラティ:ギブリ・ディーゼルの近況報告

2台体制になった我がマセラティ・ラインナップですが、スパイダー90年モデルとギブリ・ディーゼルという布陣です。
新たに加わったギブリ・ディーゼルは、ブロンゾシエナというメタリックカラーです。少し地味な感じですが、内装のサッビアとのコンビネーションとしては、良いマッチングと思います。かつて筆者が乗っていた222Eは外装がネロ(黒)に、内装は白でしたが、それに最も近いイメージということもあり、選んだわけです。

これを長年の間使用していたら汚れてしまうのではないかと思い、事前に防止策を施しました。このシートカバーを付けたまま、乗ろうと思います。

マセラティ:ギブリ・ディーゼルの近況報告」への2件のフィードバック

  1. nagaさんこんばんは。リエック小海での画像とは、懐かしいですね。あの時私は430だったので20年以上前ですかねぇ。

    1. G-cupさん
      そうですね、良く覚えていらっしゃる。私も確かまだ40に届くか届かないかの頃。この年代でマセラティを所有するとは、実は身分不相応と思っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください