マセラティ:グランツーリスモ・タルガが提案される

マセラティ・グランツーリスモの新たな提案が公開されました。

これはトリノにあるヨーロッパデザイン学院を卒業したデザイナーのサムエル・エリコ・ピッカリーニ氏がFCAと共同で作成されたドリームプロジェクトです。

ガラス製のタルガルーフは取り外し可能で、広大な空の空間を確保できます。フロントAピラーはラップラウンドしたウインドウに巧みに一体化したデザイン、このモデルを際立たせています。

エンジンはMC20に搭載されるV6マイルドハイブリッドエンジンをフロントミッドシップに搭載。

このモデルが実現するかは全く定かではありませんが、次期グランツーリスモのカブリオモデルの提案として、ヴィッラデステあたりで公開されれば注目を集めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください