アルファロメオ:GTAmはレースに向けて満を持しています

こういうマシンを作らしたら、アルファロメオの右に出るものはいないかも。。

GTAとGTAmは、最終段階に入っているようです。
最初に出た6月24日110周年記念イベントの時のGTAとは違い、フロント周りが少しモデファイされています。GTAは、さらなる高性能へ向けてF1ドライバーのキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィにハンドルを託しました。GTAのエアロダイナミクスの見直しと最終セットアップが仕事です。2.9LのV6エンジンは540馬力で後輪駆動による典型的なスポーツカーで、バロッコのテストサーキットを走らせます。

どんなサーキットでも、空力性能を最大限の効果が発揮できるようにフロントとリアのスポイラーの位置が調整可能となります。

バンパー、サイドスカートはカーボンファイバー製で、ジュリア・クアドリフォリオのダウンフォースより2倍増しとなり、製作にはザウバーエンジニアリングも協力しています。

奇しくも、同時期にギブリ・トロフェオも登場しています。ギブリ・トロフェオは、フェラーリ製V8ツインターボ580馬力です。ジュリアGTAmは、V6ツインターボ540馬力です。エンジンパワーはトロフェオが勝っています。
しかしながら、車重はトロフェオが1969kg、GTAmは1520kg。。。そして空力性能もGTAmに分がありそうです。ドライバーの腕が同じだとしたら、サーキットでのこの勝負はGTAmの勝ちかもしれない。。。

GTAとGTAmは合わせてたった世界で500台だけのスポーツカーです。
GTAの正式名称は、Gran Turismo Alleggerita。価格は 17万5千€(約2、180万円)、GTAmはGran Turismo Alleggerita modificata、4ドアですが2シーターです。価格は18万€(約2、250万円)を予定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください