ランボルギーニ:パドバからローマまで3時間で走るウラカン

イタリアでは高速道路に配備されているスーパーカーのパトカーがあります。

日本の高速隊のパトカーとは少し役割が違います。
このウラカン・パトカーは、緊急時の人命救助や時間との戦いにより臓器移植を待っている患者の為に、アウトストラーダをウラカンの最高速度325km/hまで出せるパトカーです。交通違反の取り締まりだけでなく、人命救助と医療支援や臓器輸送などが、ウラカンパトカーの役割なのです。

今回は、北イタリアのパドバからローマの病院まで、腎移植を待っている患者へ、移植する腎臓をウラカンパトカーで運びました。

パドバを10:30に出発して、ローマに着いたのは13:30です。行程距離約500kmをたった3時間です。日本で例えれば、ほぼ東京から大阪に等しい距離で、通常なら5時間かかる距離ですが、ウラカンパトカーなら2時間短縮することが出来るのです。
ここにその時の模様がYoutubeに掲載されています。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください