ランボルギーニ:ヴィンケルマン氏が再びCEO

空席となっていたランボルギーニのCEOは、予想した通りステファン・ヴィンケルマン氏がランボルギーニの新たなCEOとして帰ってくるようです。

かつてヴィンケルマン氏は、2005年から2016年までランボルギーニのCEOでした。社員に惜しまれながらランボルギーニを去りました。これがその時の模様です。
彼は最後に「Arrivederci!」アリベデルチとは?、イタリア語で別れの挨拶「さようなら」の事ですが、実は他の意味も含まれているのです。それは「ではまた。。会おうね。。」

ヴィンケルマン氏は、ガヤルドをランボルギーニのベストセラーカーに押し上げ、メイドインイタリーが誇るベストブランドにランボルギーニを高めた功績が讃えられて、2009年にイタリア共和国功労勲章を授与しています。

また、ランボルギーニはアウディ傘下でありVWグループに属していますが、同郷のオートバイメーカーのドゥカティと共にVWグループから切り離されるとことになるようです。

この意図は、ランボルギーニが株式公開に向けて準備を始めているからです。先例は、フェラーリの株式上場にあります。現在、ランボルギーニはスーパーSUVウルスの大ヒットにより、今やランボルギーニの売れ筋に成長して、収益も安定している結果が表れているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください