マセラティ:クアトロポルテ・トロフェオがアウトバーンを走る

2021年モデルのトロフェオコレクションのクアトロポルテは、フロントグリルの小変更とリアテールランプを3200GTを彷彿させるブーメランタイプに変更されました。

フロントボンネットの下には、フェラーリがプロデュースした3.8L・V型8気筒ツインターボエンジンで、最高出力は580PS・6,250rpm、最大トルク730Nmを誇るエンジンを搭載しています。
0~100Km/hまでの加速は僅か4.5秒の俊足を誇り、最高速度は326Km/hを誇ります。

先ごろ公開されたビデオでは、冬のドイツのアウトバーンを200km/h以上の高速速度域で、追い越し車線を走行するクアトロポルテ・トロフェオがあります。しかも路面は所々に凍結しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください